Mail Form Event
Round Table

ここには何もありません

 何を伝えたいのか訊かれる機会はたびたびあったが特に何も無いというのが本音で、私はただ自分の手足が自分の意思で動く様を暗闇のなか観察している。我思う故に我在りと我思うが、その在り方にはどんな確証も存在しない。
 むかし山奥で野外泊したとき暗闇に飲み込まれそうになった。薄もやに覆われた広大な湖畔の夜、懐中電灯は一筋の光線を成すばかりで、一歩ずつ足の踏み場を確かめるのが精一杯だった。行く手に手探りのあては無く、月の在りかも自分の居場所もよく分からない。照らされるものが無ければ光は役に立たないのだ。
 立ち止まって明かりを消すと、周囲が全くの無音であることに気がついた。多少なり星影の現れることを期待したが見渡す限り天も地も無い。一切は無限遠の暗闇であり、ただ現在地に暗闇を吸っては吐き出す場違いな袋が浮かんでいる。試しに呼吸も止めてみると脈拍だけが居残って、何を思わずともだんだん息苦しさの募る故に我在りと我思う。
 次第に目を開けているのか閉じているのか分からなくなり、手足の所在が不明瞭になって、意識が宙に溶け出していくのを感じた。舞台が暗転すると非常灯や観客が目について現実へ引き戻されることがあるが、夜の山中では暗闇こそが現実だと思い知るのだった。日に照らされた場所は特殊な環境であり、夜空が宇宙の本来の姿であって、星や生物の内部もまた暗闇の中に成立している。万物は遅かれ早かれ暗闇に没して在りし日の面影を失う。花火のように咲いては消えるのが自然の成り行きであって、その点に恐怖や諦めの気持ちは湧いてこない。全ては暗闇の内に含まれている。
 そうして浸透圧差の無い虚空を漂いながら、海底に佇む三脚魚のことを考えた。次いで、彼らが発見されなかった場合の世界について想像した。人間が魚のことを考えているのか、魚が人間のことを考えているのか定かでないが、どちらであっても違いは無いように思えた。おそらく相手は空想上の何かであっても構わない。三脚魚の実在も自分で確かめたことは無い。
 世界はレスポンシブにデザインされていて、閲覧する側が形や量を決めている。誰もいない森の中で木が倒れても音はしないし、箱の猫の生死は最初の観測者が決めている。だが最後の観測者の生死は誰が決めるのだろう。最後の一人となった時点で死んでいるのだろうか。
 この暗闇を思い出すとき、自分はいつでもここに戻ってこられると思った。差分を取るため誰かれ構わず巻き添えにすることがあるかもしれない。だがそのとき私たちは、何者にもなり得るだろうと信じている。

17-07-20 9:30 , お話




LargerSmaller

Powered by Ajax Comments