Mail Form Event
Round Table

雑がみは大切な資源です

 古いおみくじが出てきたのでレシートと一緒にスキャンして捨てた。自宅の紙類を山ほど電子化しているが、処分対象は個人的な記録や思い出に留まっており、他人の刊行物まで恣意的に裁く余裕は今のところ無い。
 こっそり段ボール箱を開けると、物語性を帯びた中学時代のイラスト、作りかけたRPGの舞台設定、覚えようとした歌詞の対訳、数小節だけ手書きされた自作の五線譜などが現れ、一目見るなり思考が止まって反射的な独り言が飛び出す。
 咳払いをして近代編へ移ると、覚えようとした格言の原文、バイト中に書きためた何かのプロット、印刷理由の不明なソースコード、水増しを重ねた馬鹿丸出しの卒論原稿などが姿を見せるので、白目を剥いて仰け反ったあと痙攣しながら地に伏して仮想の血反吐を撒き散らす。
 そうした呪いの品々は我ながら不気味に感じられるほど物持ち良くファイルされ、転居のたびに持ち運ばれて、健やかなるときも病めるときも共にあった。捨てられなかった理由は二つある。
 まず、いつかどこかで使えるかもしれないというモラトリアム頼みの貧乏性があった。手放すことはいつでもできるし、何かきっかけ作りのひとつに取っておいても良かろう、といった甘言を毒キノコいっぱいの草葉の陰から誰かが囁く。保留によって生き続ける未来、未来を確かめない自由、自由の楽しめる状況を擬似的にも作り出そうとする即席の創造性。なぜ結婚したのかは不明だが、無計画な未読本の山に今なお変わらぬ本性が窺える。世界には文化的な不倫も存在すると思う。
 次に、媒体一般に対する信仰心があった。文書は思想と感情を再生して人智に一貫性をもたらす。人類はマルチタスクから逃れ得ず、言語論的転回によるコンテキストスイッチの最適化がカルマ清算へ至る正道なのだと、誰かが頭の中へ直接語りかけてくる。現時点に価値を復元できないというだけの理由でデータを間引くことは、言語資源へ対する冒涜ではなかろうか。
 しかし邪魔なので全て燃えるごみに出した。一定の空白期間が生まれると元のセーブデータから再開する気持ちは無くなるし、単に領域を圧迫するだけの物体は使用済のティッシュと変わらない。娘の生活圏を脅かすものには消えてもらう。
 仮想の血反吐を掃除し続けるうち、少しずつ思い出の扱い方にも慣れてきた。黒歴史と向き合う際は当時の自分になりきって、そのとき憧れていたものだけを思い出すと良い。楽しかった思い出、格好良かった人たち、好きだったもののことだけを考える。それは現在の自身にとっても活力となり、多少なり若返る場合さえある。どうせ他人の大多数が毎日ごみを量産しながら自己満足に生きているのだ。値札の付いたごみや額に入れられたごみだって山ほどある。それをわざわざ自分に見出して恥じたり、気に病んだりしてしまうのは、あなた自身が真面目な人間である証左に他ならない。

17-08-10 15:00 , 日誌




LargerSmaller

Powered by Ajax Comments