Mail Form Event
Round Table

ミスター・ノーバディ(2009)

 むかしむかし1993年ごろに、フジテレビ系列で『if もしも』というオムニバスドラマが放送されていた。前番組『世にも奇妙な物語』と同様、タモリが語り手を務めていたが、各話ともストーリー半ばで主人公が二者択一を迫られ、二通りの結末がそれぞれ描かれるという構成だった。たいていハッピーエンドとバッドエンドの組み合わせだったように思う。
 16話目「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」を脚本・演出した岩井俊二はテレビドラマながら異例の日本映画監督協会新人賞を受賞し、同作は1995年に映画化、2017年にアニメ映画化される。内容は忘れたがドラマ版の雰囲気(フィルム効果が使われていた)だけは何となく覚えていて、とにかく奥菜恵が可愛かった。元がノスタルジックな作風だけに後から郷愁を憶えるのも簡単で、リアルタイムで観ていた者にとってはひと夏の思い出と化していても不思議はない。しかし作品の鑑賞はどこまで自身の体験として語り得るのだろうか。
 映画『ミスター・ノーバディ』(https://www.netflix.com/title/70117580)は死にかけの老人がインタビューに応じて思い出を振り返る話だが、人生の岐路ごとに生じた複数の世界線が並行して語られるため支離滅裂である。何が本当なのか、どこからが誰の妄想なのかよく分からない。語り手自身はどれも真実なのだと多元宇宙論的に言い張るが、かくいう本人も実在せず、全ては両親の離婚に際してどちらと暮らすか選択を迫られた少年が思い描いた空想の産物なのだという。そうして少年に想定されなくなった世界線はただちに崩壊を始め、時間の逆行とともに失われた可能性たちが舞い戻ってくる。いやいや、9歳児にそこまでの読み筋は無理だろいい加減にしろよと思ったが実は天才棋士だったのかもしれない。または序盤に自己申告していた通り、忘却の天使に素通りされながら生まれてきた予言者なのかもしれない。
 私はこの映画の正解探しを早々に諦め、筋書きの枝葉がそれぞれある様を花見のように漫然と眺めた。温かい音楽がたくさんあったし、映像美とりわけ人間のイマジネーションをテーマに作られたものはそれだけで十分楽しめた。そういえば『落下の王国』なども絵の一枚ずつを眺めただけで満足してしまい、作中作の筋が荒いのはともかく子どもの空想が妥協なく描かれていて素敵よねと溜息をついた記憶がある。たぶんこうした映画の見方はアイドルや仏像を見に行く感覚と大差なく、もちろん絵の美しさにとっても文脈の存在は欠かせないが、全体の筋書きというよりは個別の演出を楽しんでいる。本作については色調による世界線の描き分け方も良かったが、特に音楽が気に入った。
 劇中でたびたび流れるバディ・ホリーの「エブリデイ」は映画『スタンド・バイ・ミー』でも使用されていたし(https://youtu.be/j0vzgFA85bs)、ザ・コーデッツの「ミスター・サンドマン」はフォー・エイセスの歌ったものが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で使われていた(https://youtu.be/WY2w2-CAKgM)。どちらも80年代アメリカ映画で偲ばれた50年代アメリカのヒットソングなので、懐古と再生を象徴する曲として特別な意味を持つのだと思う。
 他にもメラネシア音楽の「神よ、我が人生」は『シン・レッド・ライン』で使われていたし(https://youtu.be/oUEJFp9L7-4)、ピクシーズの「ホエア・イズ・マイ・マインド?」は『ファイト・クラブ』のエンディング曲だった(https://youtu.be/E1d5VvCa8Fo)。どちらも今回主演のジャレッド・レトが出演していた作品なので、それとなく過去を彷彿させるような効果を狙っていたと思うが、さすがにこれはこじつけ過ぎかもしれない。
 ちなみに本作のテーマは人の自由意志の儚さであり、最後まで環境に翻弄されたルート(赤:アンナ)だけがハッピーエンドへたどり着いていた。自力で掴み取るもコントロールしきれなかったルート(青:エリース)では不可抗力による終焉を夢想するようになり、計画通りに目標を達成したルート(黄:ジーン)では衝動的に偶然へ身を委ねて命を落とす。少々極端ではあったが、意志の力に責任を負わせることの危険性が描かれている。
 人生の岐路には様々な可能性があるように見えながら、必ずしも選択の自由は存在していない。結果の変わらない選択肢も数多くあるし、最も重要な局面がバタフライ効果で覆されることもある。だからこそ過去を悔やむことには意味が無い。
 劇中では劇作家テネシー・ウィリアムズの台詞が引用されていた。

 " Every path is the right path. Everything could've been anything else. And it would have just as much meaning."
 どの道も正しい道だった。人生には他のどんなことも起こり得ただろう。それらには同等の意味があったはずだ。

 私のように優柔不断なモラトリアム人間が聞くと勇気の湧いてくる言葉だが、どんな出来事にも同等の意味があるということは、全て同等に意味が無い恐れもある。映画冒頭で示されるハトの迷信行動のように、私たちは自分の意思で未来を決めているようでありながら、因果性の乏しい事象に日々を束縛されているのかもしれない。

18-01-03 15:00 , 感想




LargerSmaller

Powered by Ajax Comments