Mail Form Event
Round Table

印象派の思い出

 何気ない一言が人を生かしも殺しもするから、なるべく誰かを救うような言葉を探したい。不意にフラッシュバックさせるならクソみたいな応対に費やした場面ではなく美しい音楽、展覧された美術、それらを一緒に眺めた誰かの横顔、ただし思い出は今ある自分自身の一部に過ぎず、過去はどこにも存在しない。今あるものは全て変えられる。
 平日の私は非常に徳の高い聖人であるため、社会経験があることを利用しながら真顔で根拠も無く若者を褒めたり、手の施しようが無い相手を都合の良い解釈で励ましたりしている。絵空事を通すには自らそれを真実だと信じ込むこと、先手を打って外堀にも種を蒔いておくこと、そしてあまり厳密さにこだわらず、相手の消化しやすい物語で妥協すること。いちど共有されたイメージは検証を待たずに人々を動かし、好循環のうちには駒の出そうな瓢箪もできる。秘密裏に仕組んだピタゴラ装置の成功を見届け、その存在すら悟らせずに撤収できたとき、私の承認欲求は成仏するだろう。何かを育てることはとても楽しい。
 近く死ぬ予定は無いが、不意にエンドロールが流れても取り乱すことの無いよう、試せる思いつきは一通り試しておいた方が良いと思っている。走馬灯もなるべく普段から回しておいた方が良い。私たちはすでに全てを手に入れていて、そこから自分の好きなものを正解にできる。周りに期待する必要は一切無いし、まだここにない出会いは無いままで構わない。あれば誰かが死んでいた恐れも増すはずだが、競争社会ではここにない何かのポジティブな面ばかりが強調される。そして情報社会では一部が信奉する一流の理想論へ簡単にアクセスできるため、そこへ合致しない自分を卑下してしまう真面目な人間が続出する。しかし理想は成就しないのが普通だ。たいてい道半ばで死ぬし成仏しない。私たちはいつかどこかへ到達するよう知らぬ間に刷り込まれてしまうが、その意識が誰に掛けられた呪いなのかをときどき省みる必要がある。そう言われて本当に省みる必要があるのかも省みる必要がある。
 前述のピタゴラ装置は他人から無断で搾取するのに適しているため、もっぱら身勝手な大義を掲げた大人たちに悪用されているようだ。世の中は私のような有徳のイケメン文化人ばかりではない。金も払わずに誰かの時間を奪い、さも本人の意思で差し出されたかのような印象を振りまく詐欺が横行している。反論を無粋に見せる美しい物語の濫用、弱者の自己犠牲に乗じなければろくに収益も上げられないセンスの無さ。仮にあなたの望む有能な若者が実在したとして、なぜ彼らがあなたのために尽くさなければならないのか。何か勘違いしているのではないか。
 不意にフラッシュバックさせるならクソみたいな応対に費やした場面ではなく美しい音楽、展覧された美術、美術館の品々を少し離れて眺めると、ひとつひとつの関係性が僅かながら見えてくる。無論そのように配置されているためでもあるが、知りたい事物に対しては複数の距離を使い分けるのが効果的だ。私たちの日常はインスタントな勝ち負けや損得勘定が幅を利かせた無間地獄にあるので、ときには意味も無く山を歩いたり、目的意識を抱かず美術館へ向かわなければならない。そして現場で見たくなったものだけを眺めて帰る。できれば未就学児にも同伴いただいて、その忌憚なき振る舞いを見学させてもらう。子どもは巨匠も順路も無視して走り去ろうとするが、ときどき作品と同じポーズを試みたり、描かれていないはずの動物の影を見出したり、持参の双眼鏡を逆さに覗いて館内を見渡したりする。非常にうらやましい。大人も負けじと同じ表情を試みたり、どのような物語の挿絵になるのかを捏造したりする。私たちは何に悩むべきかを自分自身で決めて良い。好きなときに好きな問題へ取り組めば良いのだ。
 下界へ戻ったあと改めて打算的に考えてみても、ただ脳裏の苦しみをリピート再生している時間は大変もったいない。どうせ何かを思い出すなら後続のための道標を残したり、そもそもの危険物を淘汰できるようなピタゴラ装置を開発した方が楽しいのではないか。不安の尽きることは無いが敢えて真理の追究にはこだわらず、いま手の届く悪から順に滅ぼす。汚物は消毒だ。私たちの苦労は、後の者が同じ苦しみを背負わずに済んだとき初めて報われる。
 いま私は恐ろしくホワイトな環境で公私ともに恵まれながら人畜無害な紳士を演じているが、ときどき原因不明の虚無感に襲われて身動きできなくなることがある。周囲に何ら興味も楽しみも見出せず、先々をイメージする力が根こそぎ奪われたかのようだ。過去を忘れたつもりの当人も結局はその蓄積から構成されているのだろう。湖底で何かが起こるたび沈殿物が舞い上がって辺りを暗く濁らせる。その正体を捕捉できるまで静かに待ちたいが時間は何も解決しない。むしろ次の平日が迫り来る閉塞感から何も手に付かず夜も眠れなくなる。それでも根は真面目で大変優秀な人材だから朝になれば職場へ向かい、汎用ご親切マシンとなって勤勉に働いてしまうのだ。ショートコント出勤。優しい方の職員。親切だと言われれば嬉しくなるが、親切はファッションだから自己満足でも構わない。それを下心の表れであると決めつけてしまう人もいるが、実感としては他人と会うための装備に過ぎず、偽善とさえも呼べないものだ。たぶん女性がメイクするのと変わらない。
 また明日から、他人のどのような態度を目の当たりにしても上手に解決できることを目指す大人を演じ続けることになる。みんなもがんばろうな。私の目標は、いつもにこにこしているが状況をきちんと理解できているのかどうか傍目にはよく分からないお年寄りになることだ。そして最期は、綺麗な湖を望むお花畑の住人として社会的に抹殺されたいと考えている。もう普通の願い事しか思いつかないので、みんなの夢を聞かせてほしい。

18-09-30 19:50 , 日誌




LargerSmaller

Powered by Ajax Comments