Mail Form Event
Round Table

酔っぱらいの歴史 / マーク・フォーサイズ(著), 篠儀直子(翻訳)

 新年度からまた宴の数が増えてきた。飲酒に関してはだいたいやりきったつもりでいるので、できればイチローのような形で引退したい。貫いたのは酒への愛。今後については不透明だけど、明日もトレーニングはする。
 今回は書評です。向上心のある人が真面目に書評を書くとだいたい悪口になるね。何様っていう。でも互いの素性を気にせず情報交換できるのが文明社会じゃないですか。相手が何様なのかをいちいち気にしてしまうのは貴様の病気かもしれないし、外野同士を眺めれば貴方こそどちら様って話です。
 掲題の本は歴史上の様々な飲み会へ連れ出してくれるので、酒好きの方はどなた様も気に入ると思う。昔の人たちも飲んだり飲まれたり、慎むことに失敗したりで親近感が湧いてくる。歴史や異文化を研究するときの親近感はとても重要で、対象よりも自分自身を知るために追究しているところがありますね。
 本書も自分探しの一環として熱烈な調査研究のうえに書かれたはずだけど、どこまでが本当の成果なのかよく分からなかった。当代一流の皮肉表現が随所に挟まれているため田舎者が読むには難しいのです。いっそ京ことばに訳された方が諦めやすくて良かったかもしれない。みなさん楽しそうでよろしおすなあ。好きなようにしはったらよいのと違います。
 とはいえ酒を飲みながら書かれた本には違いないから、読者も適当に飲みながら飛ばし読むのが礼儀だと思う。そうして身勝手なペースで話を急かしたり、一方的な解釈を好きな形に捏ねられるのも読書体験ならでは。人間が自由を行使できるのは読書中だけなので、私はなるべく沢山の誤読を積み上げたい。貴方の誤読も斜め上から拝読したい。読書と勉強を同一視するなんてとんでもないことです。
 本書によるとソクラテスが飲んでも酔わない男であったことにはすべての歴史家が合意しているらしい。酔わないことで賞賛される男たちの先駆けではないかと著者は言う。

 よく考えてみればこれは、自慢するようなことではなく、喜ぶようなことですらない。LSDをやっても全然幻覚を見ないと、自慢している人を想像してみてほしい。あなたはたぶん困惑し、意識を変容させてくれるわけでもないのにどうしてLSDをやるのかと、丁寧にその人に尋ねるだろう。
 だがアルコールの場合は違う。歴史上のあらゆる時代に、酒を飲んでも全然変わらないことを誇りに思う人物、それゆえにあがめられる人物、そのことを自慢する人物が存在する。彼らはなんと強いのかとわれわれは思う。われわれは彼らを尊敬し、あこがれ、意見に耳を傾ける。「じゃあ、なんで飲むの?」とは、誰も訊こうとしない。

 なんで飲むのかはもちろん、尊敬し、あこがれ、意見に耳を傾けてもらえるからです。ソクラテスなんて絶対ひとりじゃ飲まないタイプでしょう。潰れていない人間を見つけては延々と絡み続けたに違いない。人が集まるなら酒でなくとも良かったし、素面でも輪に入れるなら自分が飲む必要は無かった。そういった人種についてもう少し掘り下げても良かった気がするけど、たぶん本書の趣旨とは異なるのだろうな。酔わずに済ませる話になっちゃうもんな。
 本書では割と重要な事実もさりげなく書き流されてしまうが、著者が相当の偏執狂であることは端々からうかがえる。

 かなりの確信をもって言うが、シェイクスピアはワインを飲んでいたに違いない。彼の作品は100箇所以上でワインやサック酒に言及しているが、エールへの言及箇所は16箇所しかないのだ。

 本当ですか。40作ぐらいらしいから数えられなくもないんだろうけど、そういう読み方はどんな気持ちで続けるのだろう。やっぱりゼミの院生とかに手伝わせるのだろうか。結局ここまで読んで著者がどんな人物なのか調べてしまいました。
 マーク・フォーサイズの正体がヤバい!本名は?年収は?彼女はいるの?素性を気にしないのが文明社会じゃなかったの?
 最近うちの5歳児も使うようになりましたがヤバいって何でしょうね。キャッチーで使いやすいぶん見出しにあると馬鹿にされている感じがする。選挙カーから名前を連呼されているときと似たような気持ちになる。ヤバいは江戸時代からある言葉のようですが、話を戻すとマーク・フォーサイズも語源の研究家だそうです。あと本書の著者名以外ではフォーサイスと表記されているので、検索はそちらでお願いします。

Mark Forsyth: マーク・フォーサイス: 政治における言葉について | TED Talk

 言葉と現実の相互干渉、とても興味深いお話だった。考えている内容は面白いのに言い方とかで損する方面の人かもしれない。ぜひ他の著作も読んでみたいと思います。
 取り急ぎ5歳児にはドラえもんの国語辞典を買ってみたけど、辞書は作る手間の割に価格が安すぎる気がする。大丈夫なんだろうか。

19-04-18 21:30 , 感想




LargerSmaller

Powered by Ajax Comments